楽天Edyの特徴とメリットとは?

近年、電子マネーを利用する人が増えていますが、電子マネーの先駆者といえるのが「楽天Edy」です。楽天市場や楽天カードを利用している人には欠かせない電子マネーでもあります。

 

なお、Edyは国内最大の発行枚数を誇り、使える店舗数はプリペイド型電子マネーとしては最大のネットワークが築かれています。

 

Edyはプリペイド式(前払い式)の電子マネーですが、「おさいふケータイ」にも対応しています。当然、「楽天スーパーポイント」との連携も可能であり、実際の店舗のみならず、ネットショッピングにも活用できる便利な電子マネーです。

 

Edyを利用できる店舗はコンビニやスーパー、ドラッグストアなど全国で40万店を超えており、買物金額に応じてスーパーポイントが貯まります。

 

貯まったスーパーポイントはネットの楽天市場で使うことができますし、また逆に、スーパーポイントをEdyに交換して実店舗で使うことも可能です。つまり、相互交換ができることで、使い道に困ることがありません。

 

Edyのポイント還元率は0.5%であり、加盟店で利用すると200円ごとに1ポイントが貯まります。ポイントは楽天市場で1ポイント=1円として使えます。

 

なお、『楽天市場は利用しない』という人は「Rポイントカード」を利用すれば、サークルKサンクスや大丸、松坂屋、ミスタードーナツといった楽天スーパーポイント加盟店で、スーパーポイントを使って買い物ができます。

 

Edyはプリペイド式なので、事前にチャージ(最大5万円)しなければなりませんが、チャージする場合はコンビニに行って店員に頼めばチャージしてもらえます。チャージ金額はその場で現金で支払います。セブンイレブンやファミリーマート、ローソンといった主要なコンビニであればチャージができます。

 

なお、おサイフケータイの場合はEdyの無料アプリをインストールすることで、インターネットを利用してクレジットカードや銀行口座からチャージができます。その他、「FeliCaポート」を内蔵したパソコンからもチャージは可能です。

 

特に、クレジットカードを利用してチャージすると、チャージした時点とEdyを利用した時点の両方でポイントが付くため、ポイントの「二重取り」ができます。

 

また、クレジットカードや口座振替の場合は、金額が少なくなると自動的にチャージする「オートチャージ」の設定もできます。ちなみに、iPhoneはおサイフケータイに対応していません。

 

ところで、Edyをお得に使う方法がEdyの付帯されているクレジットカードの「楽天カード」を使用することです。

 

当然、楽天カードは年会費が無料です。楽天カードを利用すればクレジットで支払うこともできますし、Edyでの支払いも可能です(詳しくはおまとめローン審査おすすめ.com参照)。Edy付き楽天カードのメリットには以下のことがあります。

  • Edyにチャージする:200円で1ポイント
  • 楽天カードで買い物:100円で1ポイント
  • 楽天市場で買い物:100円で2ポイント
  • 毎週金・土・日曜日の楽天市場での買い物:100円で3ポイント
  • Edyを使って買い物:200円で1ポイント

ちなみに、Edyを使ってポイントが貯まるのは楽天カードだけではなく、もっと得するカードがあり、それが「リクルートカード(Visaタイプ)」です。

 

リクルートカードのポイント還元率は1.2%もあり、例えば楽天カードを使ってEdyにチャージした場合は200円に付き1ポイント(還元率0.5%)ですが、リクルートカードを使うと、200円に付き2.4ポイントも貰えます。